バイアグラ:効果作用と正しい飲み方

バイアグラは性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的な飲み方です。
気分をリラックスさせてバイアグラの働きを助ける効果があるため、アルコールで服用することもできます。
ただし過度の飲酒は酩酊状態を招いて性行為を困難にするので注意が必要です。服用後は血管が開いて酔いやすくなるので飲酒を控えます。
バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬です。食前の空腹状態で服用する必要があります。
服用前に食事を摂った場合には2時間ほど間隔を置きます。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすいという特徴があります。
特にファーストフードなど脂肪分の多い食事には注意が必要です。
脂肪分の少ない食事を少量摂取した場合には、食後2時間ほど待てば服用できます。
しかし脂肪分の多い食事を摂取すると、2時間経過しても胃や腸に脂肪分が残っています。
シルデナフィルは脂肪分に取り込まれ便となって排出されるので、効果が半減する可能性があります。
脂肪分の多い食事を摂った場合には6時間ほど間隔を置きます。

バイアグラは即効性のあるED治療薬です。
正しい飲み方を守れば、短時間でペニスを勃起させる強い効果を期待できます。
バイアグラは空腹時に服用すると約30分で効果が現れます。
また約1時間で効果が最大になるため、性行為の1時間前に服用するのが理想的な飲み方です。
日本国内では25mgと50mgの錠剤が承認されています。100mgの錠剤も存在しますが、日本国内では未承認なので使用するには個人輸入が必要になります。
用量に関わらず効果は約5時間持続します。

バイアグラは用量が多いほど効果が強くなりますが、副作用も強くなります。
ただし基本的に副作用は症状が軽いので問題はありません。硝酸剤などの医薬品を併用すると症状が重くなるので注意が必要です。
また心臓や脳、肝臓などに重度の障害がある場合も服用できません。
バイアグラの副作用にはめまいや頭痛、ほてりなどがあり、服用した人の9割以上に症状が見られます。

知らなかったでは済まされない!バイアグラの副作用

バイアグラに含まれる有効成分のシルデナフィルには、血管を拡張して血流を促進する効果があります。
血管が拡張されて海綿体への血流が増加するとペニスが勃起する仕組みです。
シルデナフィルを服用すると血管が拡張されるので血圧が低下し、副作用として軽いめまいを生じます。
また血流が促進されると頭部や鼻の粘膜、消化管が充血し、めまいや頭痛、ほてり、消化不良などが起こります。
副作用はいずれも基本的に症状が軽いため問題はありません。

バイアグラには血圧を下げる効果があります。
硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を服用している場合は、過度に血圧が下がる可能性があるため併用が禁止されます。
バイアグラに対して過敏症の既往歴がある場合や、心血管系の障害があり性行為が禁止される場合も服用できません。
重度の肝機能障害や直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合、網膜色質変性症などの場合も同様とされます。

バイアグラは即効性があり、副作用が現れやすいのが特徴です。
しかし副作用の症状は基本的に軽いため問題はありません。
硝酸剤などの医薬品を使用している場合や、心臓や脳などに重度の障害がある場合は併用が禁止されます。
低血圧や高血圧の場合も基本的に服用できませんが、病院で適切な治療を受けている場合は服用可能です。
グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品は、バイアグラの血中濃度を高め副作用を強くするので避ける必要があります。

バイアグラは基本的に安全なED治療薬ですが、他の医薬品を併用している場合など副作用が重くなる可能性があるため、健康上の不安がある場合には、病院で医師の指導を受けるのが合理的です。
安全にED治療を行なうためには、バイアグラの正しい飲み方を守る必要があります。