レビトラ:効果作用と正しい飲み方

レビトラは有効成分としてバルデナフィルが含まれています。
バルデナフィルには即効性があり、空腹時に服用すれば約20分で効果が現れます。
レビトラの血中濃度は約45分で最大になるので、性行為の1時間前に服用するのが効果的な飲み方です。
5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、一般的な病院では主に10mgか20mgが使用されます。
効果の持続時間は10mgが約5時間で20mgは約10時間です。

バルデナフィルは食事の影響を受けにくいという特徴があります。
エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば、服用前に問題なく摂取できます。
具体的には牛丼の並盛りが目安となります。
服用前に食事を摂取しても問題はありませんが、なるべく空腹時に服用した方が効果的です。
食事を摂る場合には量と脂肪分を少なくし、食後は2時間ほど間隔を置くと効果が高まります。
ファーストフードのように脂肪分の多い食事を摂った場合には、6時間ほど待ってから服用します。

レビトラは即効性が大きな特徴です。
正しい飲み方を守れば、短時間でペニスを強力に勃起させることができます。
性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的ですが、アルコールで服用することも可能です。
適量のアルコールにはリラックス効果があります。
EDは精神状態とも深い関係があり、改善するには気分をリラックスさせることが重要です。
適量のアルコールはレビトラの効果を助けるため、ペニスが勃起しやすくなります。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは血管を拡張して血流を促進し、海綿体への血流を増やすことでペニスを勃起させます。
服用後は血管が拡張されて酔いが回りやすくなるので、飲酒を控える必要があります。
またバルデナフィルが血管を拡張すると血圧が下がり、副作用としてめまいを生じる可能性が存在します。
さらに頭部や消化器系が充血すると頭痛やほてり、消化不良などが起こります。
副作用は基本的に軽度ですが、一定の医薬品を併用した場合などには重くなるので注意が必要です。

レビトラの副作用に頭痛?その他は?

レビトラには血管を拡張する効果があり、服用すると血圧が下がります。
そのため副作用として軽いめまいを生じる可能性が存在します。
また血流が促進され頭部や消化器系が充血して頭痛やほてり、消化不良などが起こる場合があります。
めまいや頭痛などの副作用は基本的に軽いので、問題はありません。ただし一定の場合には副作用が重くなるので注意が必要です。
硝酸剤などを使用している場合や、脳や心臓などに重度の障害がある場合は服用が禁止されます。

レビトラには併用できない医薬品が存在します。
狭心症などの治療に使用される硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を服用すると、過度に血圧を低下させる可能性があるので併用できません。
HIVの治療薬や一定の抗真菌薬を服用した場合には、レビトラの血中濃度が上昇することがあります。
血中濃度が高まると、めまいなどの副作用が強くなるので併用が禁止されます。
一定の抗不整脈薬を服用した場合には心臓の動きに異常が生じる可能性があるため併用できません。

硝酸剤などの医薬品を併用している場合には、病院で医師に相談する必要があります。
またレビトラに対して過敏症の既往歴がある場合やQT延長症候群、肝臓や腎臓に重大な障害がある場合、不安定狭心症、網膜色素変性症の場合なども服用できません。
直近6か月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある場合も同様です。
低血圧や高血圧の場合は、病院で適切な治療を受けていれば服用できます。

レビトラには即効性があり副作用が現れやすいという特徴があります。
服用したED患者の9割以上に副作用が現れますが、基本的に症状は軽いため問題はありませんが、一定の医薬品を使用している場合など副作用が重くなることがあります。
健康上の不安がある場合には、医師への相談が必要です。